足首前内側になかなか治まらない痛みはありますか?

2015年10月19日(月)9:22 PM

皆様、こんにちは。

足腰膝の痛みの専門家

アスレティックトレーナー&足部装具士

ガーディアンズの高橋です。

いつもブログをお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

秋になって

スポーツの大会、リーグ戦などが

盛んになってきました。

それに伴い足の相談が

増えてきています。

 

 

頼っていただけると

嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 

今日は

その中で

ちょっとわかりづらい

また対処しづらい

足のトラブルについて

ご紹介したいと思います。

 

 

バスケットボールやテニス

バレーボールやサッカーなど

前後左右に動き回るスポーツでは

足首の前側や前内側に

痛みを訴えることがあります。

 

 

特に

捻挫をきっかけに

痛みが出るようになるケースも

多いように思います。

 

 

人が歩く時

体が徐々に前に進んで

かかとがそろそろ離れようか

という時(立脚中期後半)に

足部が過剰に内側に倒れていると

(距骨下関節のプロネーション)

距骨のドームの前内側は

内くるぶしの内側とぶつかる

という現象を起こすことがあります。

 

 

この2つの面が繰り返し圧迫されると

距骨のドームの関節炎や

慢性的な関節包炎になることに

つながるかもしれません。

 

 

もし一般的な足首の捻挫で

前距腓靭帯が損傷した場合

距骨が過度に内側に

出てくることによって

距骨の内側と内くるぶしの接触が

増してしまいます。

 

 

骨同士の繰り返しの圧迫は

いずれは

前内側の軟部組織のはさまりに

繋がってしまう可能性があります。

 

 

またある研究者が

プロのサッカー選手の60%が

足首の前部に骨棘があることを示す研究を

発表しています。

 

 

また

バレエなど過度に足首を

背屈させる必要がある競技に

足首の前部の骨棘がよく見られるようです。

 

 

この足首前内側の痛みの状態は

脛骨の内側や距骨にできた骨棘が

足首の背屈するときに当たって

軟部組織を挟んでしまい、

炎症を起こした組織が肥大して

組織の挟まりが悪化する可能性が

高まるようです。

 

 

捻挫ではないんだけど

なぜか足部の前内側あたりに痛みがある

という方は

こういった理由で

痛くなっている可能性が高いですので

骨に問題が生じていないかどうか

早めに病院に受診されることをお勧めします。

 

 

それでは

どういった治療や介入方法が

あるのでしょうか。

 

 

足首前内側のインピンジメントに対する保存的療法は

しばしばうまくいかないようです。

特に

一度骨棘ができると

なかなかそれに順応させることが

できないこともあるようです。

 

 

個人的には

こういったケースで

特に足部が内側に大きく倒れてくる方は

足底板(インソール)の使用を

考えていただいた方が

早いと思います。

その場合は柔らかいインソールなどではなく

しっかりとしたものを選ぶとよいと思います。

 

 

また関節のモビリゼーションも

有効と思われます。

横足根関節の動きを最大化して

足関節と脛腓関節のすべりを

増加させるように試すべきでしょう。

 

 

次に

インピンジを起こしている関節包に対して

超音波などを用いて

炎症を抑えるという方法も

有効だと思われます。

基本的には

リハビリ科のある整形外科がよいですが

接骨院整骨院でも

超音波治療器を使用しているところがあります。

 

 

歩行時に

かかとが上がる直前の頃(立脚中期後半)の

足首背屈のスピードと

角度をおさえるため

伸張性収縮での

ふくらはぎのエクササイズも

有効だと思われます。

 

 

時々あるのですが

距骨を怪我した場合

(骨に損傷がある場合)は

早い段階で保存的療法を諦めて

関節鏡下での切除術も

検討するべきだと思います。

 

 

試合の都合で

手術もシーズン終了後まで待つ

ということもありますが

 

 

その場合は

本当に切ない日々が続くと思います。

しかし、あまりに痛みがきつい時は

神経の方が参ってしまうので

ぜひ気をつけていただきたいと思います。

 

 

この足首前側・前内側の痛みは

対処が難しいことが多いので

もしお困りの方がいらっしゃいましたら

ぜひご相談ください。

 

 

 

 

痛みなく、目標を達成するためのお手伝いを

Guardians Athletic Training & Therapy

ガーディアンズアスレティックトレーニング&セラピー

高橋忠良


  |